キャンペーン > 侵月 > 20131228

侵月 第10話:モチャと×エムルの×神隠し

全ての地雷を踏み進まねば気が済まない若者たちのあえて逆境を行く物語

▼登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz13/int15/app16 【ヴィンガ・狩人】
装備:グレートソード、ブロードソード(鋼)、ターゲット、スピア(ジャベリン)、アーチェリー弓、薄手の革
ゲータ氏族、ケルドンの部族

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
装備:モール、バスタード、ターゲット、ジャベリン、ベザント 
コリマー部族の客将

ぷんた  ウォード      M18 siz14/int16/app12 【オーランス・農夫】
装備:ブロードソード(石)、バトルアックス2h、アーチェリー弓、厚手の革、一部だけ強奪クイルブイリ
ヴァンタロス族出身

yukihito ケ’ロル 性別? siz6/int13/app? 【ニュートリング】
装備:トライデント、ターゲット、ショートスピア
ひょうたん淵出身

aza アキム      M16 siz13/int14/app13 【オーランス・牧夫】
装備:ターゲット、ブロードソード、薄手の革、一部だけ強奪クイルブイリ
出身?

NPC エムル ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子
   ベグ ニュートリングの古老、祈祷師
   モー アルビノのニュートリング、祈祷師
   スクラー(スク水) 呪縛された川の精霊


▼ログ

1600年頃 火の季 末
ザ・リバーの支流のニュートリングの集落(淵)ひょうたん沼

空には赤い月があり、視界は赤黒い。
結界内にある植物の葉脈は、まるで血管のように赤黒く脈動している。
木の下には背を向けた女性。
服は鮮血のような赤、良く見ると管みたいので女性とつながっている。
服も、当然のように脈動している。

POW20の抵抗ロールに成功で、結界内に入ることに成功。
POW20の抵抗ロールに成功で、理由は定かではないが、CONの現在値が+8され、これに従ってTHPと部位HPも上昇。
現在THP21点w
「約束通り、また会いに来た」と声をかけるモチャ。
女性が振り返るも、ホラー的な展開に。
何か返答があるものの、<聞き耳>に成功しても言語が理解できない。
問答無用で、進もうとするモチャだが、POW20の抵抗ロールに失敗して、差分だけTHPにダメージを受ける。
この時点でTHP12点失い、足元に血溜まりができる。
GMが3回POW20に成功すると、たどりつけるとぶっちゃける。
再度、前進しようとするモチャだが、POW抵抗ロールの自動失敗で、THPに合計34点のダメージを受けて暗転。

場面が、ケロルチームに変わる。


▼ウォードの日記





▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感



▼ケ’ロルの話

今回はなかなかいい話だったケロ。

みんなで水から上がって、上の神像がある部屋まで辿り着いたケロ。
とりあえず神像で水銀融解の力を得るべく儀式をしてみたけど、水がどんどん上がってきてて、儀式を中断せざるを得なかったケロ。

で、みんな水が危ないってことで、ウォードが教えてくれた場所へ上がっていくことにしたケロ。
ところが、ウォードが落ちて、後ろから登っていたネイリングとモーが巻き込まれたケロ。
ケロは避けれたケロ。でも落ちていくモーをつかむことには失敗したケロ。

落ちたみんなは何故か水に浸かって痛がってたケロ。
びっくりして、みんなを助けようとケロも水に降りたケロ。
降りるとたしかに痛いケロ。でも、みんなを助けないといけないケロ。
で、ケロはみんなを助けて沈んだケロ。でも、沈むと下には綺麗な水があって、
そこに行くと水銀が体から抜けたケロ。痛みが消えたケロ!!
モーも連れて行ったら喜んでたケロ。
でもネイリングやウォードは行きたがらなかったケロ。不思議ケロ。
ネイリングが言うには、この水銀は神の恩寵だというケロ・・・
変ケロ・・?封じられたウール神を開放して出てきた水に入って、水銀が抜けたんだケロ。
どっちかというと、この水銀が抜ける事こそ、ウール神の恩寵じゃないケロ??

で、しばらくして、モチャとエムルはどうした?という話になったケロ。
以前行った泉に行ったに違いないというので、みんなでそこを行ったんだケロ。

スクラーはいたケロ。でもモチャとエムルはいないケロ。
泉の入り口にはモチャのモールとジャベリンが落ちてたケロ。

一体どこに行ったケロ??


ネイリングは語る


水の中で息ができる!!
というのは素晴らしい恩寵だが、どうもこの<肺えら呼吸>という
のはなじめない。一度、肺を水で満たし、再度地上に上がる時には
肺の水を吐き出さなければならないというのがビジュアル的に人気
がない理由だと思う。

ところで命からがらキューブの間から脱出した我々であったが
どうやら水の勢いがとどまるところを知らないようだ。
瞬く間にキューブの間を満たしたかと思いきや、中二階へと迫ってくる。
慌てて最上層の聖地フロアへと登った。

中二階でモーが浸かっていた煮えたぎる水銀と、下から溢れてきた水流とが
交じり合い、ボコボコと奇妙な音を立てている。
足を踏み入れて気付いたが、あの水銀はどうも良くないもののような気がする。

アキムが先頭切って聖地の上に隠されている小部屋に逃げようとする。
そんな小部屋があったのか!?(w)
もし水がこの部屋さえ満たす勢いで溢れてきたら・・・?
その小部屋ではなく、モチャが逃げた石切りの亀裂の方に逃げた方が良い
ような気もしたが、光もなく、逃げ切れる自信もない。

どうやら溢れた水は、その石切りから外に流れ出ていく感じなので、
聖地の部屋全体を満たすことはなさそう。

小部屋へと逃げる優先順位は
  • 水中で呼吸が出来るか否か
  • 登攀が得意か否か
でアキム、ウォード、モー、ケロル、ネイ
の順となった。

アキムは難なく登ったが、続くウォードが上から転げ落ちてきて(00)・・・
下にいたモーと私を巻き込んだ。
その途端に煮えたぎる水銀を含んだ水が我々を襲う。
水銀に触れた部分は激しい痛みと共に、体の一部の水分と水銀が入れ替わる
ような感触を受ける。

私は特に手ひどく全身を水銀に焼かれ、先の戦いで傷ついたダメージ
も含めてまたもや意識を失ってしまった。

私より体の小さいケロルやモーは耐えられるのだろうか・・・?

気が付くと私は上に引き上げられ治癒をかけられていた。
ケロルが下で何か大発見でもしたかのように喜んでいる。
何でも、あぶない水は表面だけで、下の方は清浄な水であり、その水に
触れると体内に入り込んだ水銀が洗い流されるのだとか。

だが、私は体に入り込んだ水銀を神の恩寵と思うこととし、そのままに
しておくことを望んだ。ケロルは不思議がっていたが、不心得者め!
神の僕たるもの、人為ならざる形で聖痕をいただくことを無常の喜び
とすべきであろう。

とはいえ、水銀化できるのはほんの一部分だけみたいなので、
気休めにしかならないな・・・。
(HP1点がAP/HP1に交換される)

いったん水が落ち着いた後、モチャとエムルの捜索を行うこととなった。

おそらくはスクラーのところに行ったのであろう。

裂け目も水に浸っていたが、おかげでツタから落ちても大けがをしなくて
済みそうだ。

皆でスクラーのところに登ったが、肝心のモチャとエムルがいない・・・
しかし、モチャがいた痕跡として、ジャベリンとモールが置き去りに
されており、足跡も残っていた。
なのに、スクラーは彼らは来ていないと言う。

状況が指し示す証拠はひとつ。犯人は・・・

(次回に続く)







▼時代背景

ターカロール王の治世(1569~1582)
1582年灰色熊の峰の戦い・・・サーター王戦死
同年バグノット陥落・・・ターシュにおけるオーランス勢力の一掃

テラサリン王の治世(1582~1600)PC達が生まれ育った時代
1591年ルナー軍サーター侵攻
アルダチュールを巡りルナー軍と交戦、サーター軍勝利
アルダチュールと周辺部族がサーター王国に帰属
その後、戦闘は小康状態となり一進一退の攻防
1600年テラサリン王謎の死

サリナーグ王の治世(1600~?)現在
1600年サリナーグ王戴冠
同年「死の一門」結成

▼ルールの変更点

77による神クリ(ファンブル)はなし。
77を振った場合はリロールによる通常判定。
77を出した場合、何かのチャージが溜まっていくシステムにw



  • 途中参加でしたので、誰か全体を把握してる人ログお願いします -- (さるきど) 2014-01-02 22:46:03
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る