キャンペーン > 大大 > 20150307

20090926| 20090926/コメントログ| 20091031| 20091031/コメントログ| 20091128| 20091128/コメントログ| 20091219| 20091219/コメントログ| 20100123| 20100220| 20100220/コメントログ| 20100320| 20100320/コメントログ| 20100403| 20100403/コメントログ| 20100510| 20100510/コメントログ| 20100619| 20100619/コメントログ| 20100703| 20100703/コメントログ| 20100731| 20100731/コメントログ| 20100828| 20100904| 20100911| 20101120| 20101225| 20101225/コメントログ| 20110115| 20110129| 20110219| 20110219/コメントログ| 20110326| 20110402| 20110402/コメントログ| 20110423| 20110423/コメントログ| 20110430| 20110723| 20110806| 20110820| 20110820/コメントログ| 20110903| 20110903/コメントログ| 20110924| 20110924/コメントログ| 20111001| 20111105| 20111126| 20120107| 20120128| 20120218| 20120414| 20120922| 20120922/コメントログ| 20120929| 20121201| 20130316| 20130427| 20130601| 20130615| 20130615/コメントログ| 20131006| 20131104| 20131104/コメントログ| 20131116| 20140426| 20140524| 20141004| 20141004/コメントログ| 20141115| 20141206| 20141206/コメントログ| 20150131| 20150221| 20150307| 20150516| 20150516/コメントログ| 20150530| 20150530/コメントログ| 20150704| 20150704/コメントログ| 20150822| 20150829| 20151031| 20151031/コメントログ| 20151107| 20151122| 20151122/コメントログ| 20151212| 20160130| 20160403| 20160403/コメントログ| 20160423| 20160423/コメントログ| 20160730| 20160827| 20161022| 20161029| 20161112| 20161224| 20170211| 20170422| 20170527| 20170610| 20170701| 20170916| カラドラランド| カラドラランド/コメントログ| キャラクターズ| キャラクターズ/コメントログ| キャラクターズ/海の剣歯猫団| キャラクターズ/海の剣歯猫団/コメントログ| キャラクターズ/海の狼リスト| テシュノス| ビエラの爪彩| 参考資料| 参考資料/コメントログ| 炎岩奔流メッサーラ

2015/03/08 第3章35回 「オーレリオンの本陣(3)」



◆PC(敬称略)

ののの  :サラ(スンチェン猫一族に育てられた娘 ハク兄を奪い返す旅に。14歳)
早瀬   :レイ(オトコリオン単神教会の徒弟、25歳)
Kon  :ワードナ(海の狼につかまっていたのを救出されたウェアタギ魔道士 16歳)
さるきど :メッサーラ(海の狼に復讐を誓うトロウジャン出身の女性、20歳)
yukuhito:ガリオン(強い相手を求めて旅をする戦争王国出身の男性。15歳)
ぷんた  :マミヤ(格闘術を修めたエスロリア出身の女性。36歳)


◆NPC

ウルメラ   :魔導師司書(元ポステ部下1:金髪ショート,めがねっ子,スーツ,APP17)魔道を放棄。
バブリーナ  :船の守護精霊(船首像)ふわふわロング娘。
ハブル(魂) :カラドラランド出身のツイン(兄)?妹の肉体を借りウハウハしていたが…
アビナ(身体):カラドラランド出身のツイン(妹)?海の狼の生贄となり魂が喪失
ニア     :F20?、エスロリア出身の穀物カルト(エスロラ)の女祭、SIZ14、APP13、MP16
ビリンガ    :M33 元LV5船長 SIZ16APPふつう 業務セット80%
キラ      :M50 戦闘力-4 STR17 INT15、コック、片足悪い。杖もち
ギズボーン   :M17 12 5 9 INT15 元航海士、業務セット60%(→下方修正)サラの下僕。
イザルク   :元海の狼 イッグの民 業務セット80% 高貴な蛮人
ミルキー   :M14APP20 海の狼から助け出された?色小姓、色白、金髪巻毛、ダンス、娼妓、7番船長用最終兵器。
ティンク   :F20?S10 カジノタウンの情報屋。ロング赤毛ナマ脚ホットパンツ。レイの古い知り合い。
シーラー   :M? メリブの騎士、元貴族の護衛。バブリン号に関わる陰謀の口封じのため事実上の追放。



◆PCイメージ

●サラ F14 S10A17
※船業務技能パック:視力、登攀、交易語、航海術、CON
肩下までの赤い癖毛。水色の瞳。
細い身体、長い手足、総じてひょろっとした印象。まだ成長途上の身体つき。
桃色に輝くナナトセダイのスケールメール、ももまでのスケールブーツ、赤い襟付上着。
赤い尻尾、腰のベルトからつるされたブロードソード
左手に輝く金属製の籠手(咢)、背中に海神の銛。
右手首、左足首に金属の輪(呪符物)、左胸に刺青(精霊除けの呪い)

最近のイメージはこんなかんじ→  http://www11.atwiki.jp/nonono6809/

●レイヒルト M25 S15A10
※船業務パック:DEX、登攀、視力、泳ぎ、修理
人間の足!!最近やたらと足を露出したり強調したりする。
ソフトレザー+クイルブイリ、ポステリテコート。
薙刀「田吾作」。普段は片手用刀として所持。鉄バッソ。
ラッパズボン。肩甲骨までの黒いロンゲ。
ネックレス(呪符物)、神官ネックレス(雄弁にボーナス)
いつも魔道書を眺めながらぶつぶつ言っている印象。
※ウルメラパック:
INT、雄弁、追跡、西方RW、聞き耳

●ワードナ M16 S16A12
※船業務パック:操船、登攀、泳ぎ、航海術、CON
アバター(映画)の青い原住民風。
長い手足をたらんと垂らし猫背。ドレッドヘア。
普段はズボンと上半身はだか。戦闘時は16番艦の鋼チェイン全身。
1Hスピア。片面に親父(魔晶石)。えらと水かき。

●メッサーラ F20 S12A22
※船業務パック:歌唱、踊り、視力、航海術、APP
黒髪腰までロング、クラロレラ人種。テシュノス織の着物。鉄三味線。
(戦闘時)頭と胴体にプレート、手足クイリ、
三味線に仕込みレイピアとマンゴーシュ、腰に16番艦グラディウス×2。
ベルトのバックルに<鋭刃6>とMP12の魔力封印呪符。
アクセサリー替わりの毒塗り手裏剣。
頭にサークレット。イカすデザインの指輪(MP6の魔力封印、毒針)
謎の船長帽(人知成功度+1)

●ガリオン M15 S11A5
※船業務パック:
黒髪の小柄でがたいのいい青年。人相悪い。鼻ピアス。額に目玉の刺青。
カイトシールド背中、メイス腰、クイルブイリ全身
巨大な金の玉がついた両手用モール(きゃんたま)
鼻ピアスは自動回復機能あり。
戦争王国に土地があるらしい。

●マミヤ F36 S17A9
※船業務パック:
緑のワカメウェーブヘア、巨漢の女性だが鍛えられており太くはない。
全身にベザント、左手に漆黒のバックラー、右手にカイザーナックル
必殺のケリが男性の腹部に当たると相手はスタンする。
猫好きのオバ・・・お姉さん。飼い猫の名前はサラ。


▼ログ

大大 2015.3.7

アビナ・ハブルの村からワープした謎の宮殿

1617嵐1週5日(タブン)


見えない サラ ハブル ワードナ シーラ―
見える アビナ メッサ マミヤ
欄外 レイはウルメラ膝枕

サラ M18 貴族風歯が光る STR9 DEX14 SIZ14 レイピア 袖がにしきの。行動-2
ハブル F17 夜会ドレス美女 SIZ13 床に届く長さのメタリックオレンジ髪。胸は柔らか素材。文化的にはちっぱいが正義。気絶していて人形ぐんにゃり状態。
ワードナ SIZ16 槍 盾 戦闘貴族風。行動±0 STR16 DEX16 SIZ17 威風堂々。勲章じゃらじゃら。金髪オールバック。
マミヤ 元レイボディ。お腹が破壊されている。
ガリオン 幽霊

メッサ SIZ16 透明な少し青みがかったダイヤモンドの男性像 おそらくオーレリオンを模している。スピア
アビナ SIZ  透明の赤みがかったダイヤモンドの女性像。おそらくカラドラを模している。

年齢不詳爺。人間ぽい。肌が青白く蝋のよう。

メッサが聞く像が発する音
「サーランディルなんちゃら…」OS起動音らしいぞ。
となりの像も状況

rnd5 おっさんくる
rnd6 マミヤお腹破壊
rnd7 サラがハブル担いで顔を出す

マミヤ 倒れ込んだままいろいろもだえてる
ワードナとシーラ―はベンチ裏で屈む
サラは扉横から様子をうかがいながらガリオンを呼ぶ。

爺「錬成に成功したのか?」
廻りには聞こえない

メッサ、アビナから通信。あわててるのがわかる。

爺=サーランディル

シーラ―ささやく
し「敵かあれはやるかひくか」
わ「見えないところになにかいるぞ。魔道士」
そのまま一旦膠着
サラはバブルボディを置いて廊下から教会堂に入る。
ガリオン廊下に顔を出す。

rnd8
サーランデル「名前は?」混合語
メッサ「先に名乗るのが礼儀では、サーランデル」
雄弁+混合語複合 失敗。人知効果。

rnd9
ガリオンとサラの会話聞こえず。
め「サーランデル、彼らは何者か」
ワードナ 霊抜けしようとする
メッサ 動こうとするが、歩けず、倒れそうになるのをアビナが支える
シーラ―は廊下を引返す。
サラ よく状況分からずその場でとまる
マミヤはダイヤを手に入れる

rnd10
メッサ 動こうとする 混合語成功 踏みとどまれるがエラー
アビナに助けを求める「どうすれば動ける?」アビナは困ってないよう。
多分信徒でないと動けない。
ガリオン サラと会話 失敗(ラップ音)
シーラ― 後ろに下がる
サラ シーラ―と共に下がろうとする。
ワードナ 霊抜け クリット スポッと抜ける。人形倒れる。
視界が変わり、マミヤボディがわかる。入っているフィギュアがわかる
サーランディルのPOWも見える。確認が持てたので戻る。

rnd11
サラ・シーラ―・ガリオンはフィギュア部屋まで下がる。
戦闘気配と共に
マミヤがヤラレタ。
ワードナが来たが倒れた。
レイが消えた。

アビナスタチューがメッサスタチューをお姫様抱っこして
動こうとする。

ワードナはブリソス語で「敵対する意思はない」伝える。
所属も述べる。

サーランデル「なるほどウェアタグか」
アビナスタチューが話しかけている
(そのままでは通じないので、中継しているのでワンテンポ遅い)


戦闘解除

ワードナ
「なんかカラドラとオーレリオンの儀式に
巻き込まれてきたんだけど。まあ事故ですわ」
「せっかく来たんでなんかと思ったけど二部屋くらいで
 こんなわやなことに」
サーランデル
「じゃあとりあえず招待しようか」

シーラ―
「どうするんだ」

サラ
「とりあえずワードナは信用できるでよ
 やつが話ができるということなら大丈夫でしょ」

シーラ―の忠告
いままでのことから考えても神知者だ。
あいつらがやることは、絶対に信用するな
やつらは混沌と同じだ。

サラはピンと来ないが
忠告は分かったといって
みんなで教会堂へ行く。

一方のマミヤは
レイボディから抜けて元のマミヤに戻る。

結局教会堂に集結

サーランデル「何者だ」
ゴーストになった経緯を話すが理解できないので
「こいつ(サラ)の背後霊みたいなものだ」
まあそういうことでよいことになった。
「とりあえず(話しづらいので)ボディ選んで来たら」
新たに戦士風をボディを選ぶガリオン。

会話開始。

カラドラの鏡 (村の寺院)はどうなった
燃やされて二人の両親は殺されて、彼らはさらわれた。

「来客も久しぶりだし話を聞こうか」

サーランデルは
一年ごとの定期報告を聞いていたようだ。
情報はカラドラランド基準らしい。

話し方がいや。神様が物扱い臭い。

質問
わ「カラドラ・オーレリオンとは」
ま「この神界地図の読み方は:
 「他人のカルトの奥義を盗み見はいかがかと思うが
 フロアジア学院はいつでも歓迎するよ」
わ「人形の中にはなにが」
さ「…我が使い魔だよ」
マミヤは先ほど彼が彫像を誰何していたのを
思い出した…。メンバーの誰かが入っているのを
確信した(人知 77-crit)

「帰り方は」
「あーなるほど。我らに仇なすものでなければ
 適宜送ってさしあげる」
「さっきの説教では勝手にかえるって」
「一日いるならね」

「誰か我々以外にだれがいるのか」
「人はいない。精霊は居る(さっきの説教爺は知識精霊の改造版らしい)」

バブリーナ号のことは知ってた。
良い船らしい。
田吾作と咢の件も聞いてみた。
こちらはそれほど有名でもないらしい。

この寺院の仕組みについて
遠くから一瞬に礼拝に来れる。

ここは炎のくちに近いので、
焼き尽くされたりしたりしてなあ

しばし休憩。
「人の神殿であまり勝手なことをするなよ」
神像2体とサーランデルが去る。

残された組は、



サーランデルと神像2体。
メッサは動けない。

サーランデルはメッサにいろいろ聞く。
海の狼の話を聞かれる。

さ「力を貸してやろうか?」
め「あなたいいひとですね」

代償は外界の定期報告らしい
定期的な儀式

め「よろしい。毎年いかに私が海の狼を狩ったかの報告を!」
さ「いらんわ」


サラ・ワードナ・ガリオン・シーラ―、マミヤ組
サラ、ワードナ、マミヤ、ガリオンは
壊した人形に移りかえる。

サラ 抜け出し 召喚ロールで77-00
抜け出せる気がしない。
馴染み度が+2
サラ出れず。
とりあえず彫像そのままで。

見えるようになった他のメンバーは
居ないメンバーを求めて廻りを探索。
ワードナは魔法眼強度1でかける

台座の呪付をみたりしているが
良くわからず。

ワードナはハブルボディに入ろうとするができない。

シーラ―とサラの入力配線を切ってもらう。
霊魂放逐くらったような衝撃。

シーラ―はさらに攻撃キャンセル回路の
破壊を提案。かなり何度高く失敗。
ガリオンボディででも失敗。
マンティコアに入りなおす。

シーラ― うっかり小さいフェアリーに入る。

一時間くらいたったので、魔術師の方へ行く。

途中で宝石みたいなものの加工音。
魔道士の部屋の逆方向。
そちらに行ってみると、ダイヤモンド壁で廻りが映り込み
地下に下りる階段。

ダイヤモンドボディのメッサ?が
ダイヤモンド原石をげしげし殴っている。
のが見える。

メッサに話しかけるが通じない。

廊下の先の右を曲がると、
ワードナは、あ、くるなと思う。
とたんに
POW抵抗 20×2
抜けられたのはシーラ―(フェアリー)のみ。
メッサを助けに駆けつけたのは…フェアリーw

メッサはサーランデルの操りで
「海の狼への恨み」を具現化?
(偏執欲求を外だししてメッサーラ像に刻む)

先に行くほど時の進みがのろくなる。
どんどん魔力圧が高くなる。
中央にいたるには5段階進む必要がある。

メッサ、シーラ―、ガリオンが先に到達
球形の部屋。水に満たされているイメージ。ものすごい圧力。
メッサは岩石のようなものに武器で切りつけている。

ピクシーがなにかメッサにいうが聞こえない
マンティコア「メッサ助けに来たぞ」
メ「儀式の邪魔をするな」

ガリオンはシーラ―のモスキート音が聞こえる
シーラ―「やめろ、たとえどんな理を語られたとしても
きゃつらの行動は世に破滅をもたらすぞ」

マンティコアはメッサを止めるために攻撃
シーラ―の声がメッサに届く。
メッサ「わたしだってやりたくないのに(棒)」
メッサは制圧されているのか?

シーラ―は上方の小窓に向かったが、
そのときサーランデルの支配が弱まったようだ

メッサの攻撃が納まった隙に、
サラはマミヤが渡してくれたオハジキダイヤモンドを
掴むとやおらに巨大なダイヤモンドに叩き付ける。
すると・・・!


以下次号。


今日のお言葉っ!


「顔が四角い系」
「食パンマンですか」


▼レイヒルトの日記「ふてねした」(嵐/1)


きょうはいちにちふてねした。
まりょくがもどらないとむこうにいけないし、
もどってもむこうにいくほうほうがない。

みんなぶじじゃろか・・・

でもそれいじょうになにもてにいれられなかったのが、むねn。
また、うるめらさんにげんこつをおとされた。

ひざまくらからあたまをどけろということらしい。
が、きづかないふりをした。

なんかなみだがちょちょぎれてきた。

むこうでまどうのちしきをてにいれられなかったことをぐちった。

うるめらさんにやさしいめ(残念そうな目)でみられた。
'・・・なんかぞくぞくした。

みんなはやくかえってこないかな。


▼「赤猫の尻尾」航海日誌 Red-hot cattail's log book



▼メッサーラの「海の狼追撃帳」


儀式から戻る


儀式が終わったのだろうか?
意識を取り戻すと、ここは・・・?
ランカーマイの講義室にも似ているが、西方風の教会という場所だろうか?
視界の先の方にはシーラーを始め、何人かの人形が隠れるように伏せている。
また視界の端には見たことないおっさんが何かわめいている。
サーランデル・・・?
おっ!誰かが金剛語でナビゲートしてくれているようだ。
おっさんの名前が何故かわかったぞ。

しかし体が動かない・・・
何かキンキン音がするのは金剛語かしら?
金剛語で応えると体がすこし反応するような気がする。
よくわからんが私は金剛石でできたオーレリオンを模したボディに入ってるみたい?

何?お前は何者か?だと?
人に名を尋ねるならまずは自分から名乗るのが礼儀だろう、サーランデル!
と言ったら、体が動かなくなった!新手の魔術か?
いや金剛語の呼びかけに体が反応しなくなった感じだ・・・
そうこうしているうちに本当に魔術をかけられてしまった。
何かおっさんの言うこと聞かなきゃいけない気がする。
まあとりあえず、言う通りにおとなしくしていよう。

あ、シーラーやレイ?(中身はマミヤ)が扉の外に逃げ出そうとしている。
薄情ものめ、覚えておくぞ!

おっさん(正しくは同じく制圧されてしまったアビナ)に抱きかかえられ、
奥の部屋へと連れ込まれてしまった。
ま、まさか変なことをしようと言うのではあるまいな!?
しかし、この体は全身ダイヤモンドの男(オーレリオン)の体だぞ!
そういう趣味なのか!?

まあ(少年誌なので)そっちの方の展開はなく、おっさんは
「ミスラの知り合いか?」とか「カラドラの鏡」がどうとか言ってる。

そんなの知るか!アビナの故郷が海の狼に襲われたから助けにきただけだ!
と言ったら、どうやらおっさんは興味を持ったようだ。
ははーん、こいつあまり世間(海の狼)の事、知らないな?
教えてやろう!海の狼というのはな・・・

そうこうしているうちに、サラ達が手を上げて降伏してきた。
おっさんにもこれ以上の敵意はないようだ。
一通り尋問した後、サラ達は別室で待機させられてしまった。

何?海の狼を倒すのに協力するだと?
おっさん、あんたいい人だな!
その代わり、手伝ってほしいことがあるだと?
ほうほう、何をすればいいんだ?
何?この体を動かすために、カラドラとオーレリオンに入信しろだと?
馬鹿も休み休み言え!
私は敬虔なトラート信徒だ!
というと、おっさんは何やら本を取り出してトラートの事を調べ始めた。

愚かな男などにトラートの何がわかるかとタカをくくっていたら、
おっさんは実は男ではないという。
’・・・いるよね、そういうおばさん・・・(いや何か違う気もするが)・・・。

まあ紛らわしいので、サーランデルと呼ぶことにするが、サーランデルは
トラートの事を簡単に調べた結果、どういう理屈だか知らないが体を
動けるようにしてくれた(カラドラとオーレリオンの神話を改変した?w)

で、何をすればいいんだ?

巨悪墜つべし


よくわからんが、何やら球形の部屋に入って、海の狼への恨みを込めて
ダイヤモンドを削ればいいらしい。
そういえば、聞いたことがある。
遥か東方の儀式では、恨みを込めて夜中に生木に釘を打ち込むと
大願が成就するのだとか・・・
どうせ、逆らえないんだし、やるしかないか。
しかしこの部屋の中、体が重いなぁ(人為的に作られた1/5空間らしい)
海の狼への恨みが増幅されていくような気がする。
上の方の小窓からサーランデルとアビナが覗き込んでみている。

そうこうしているうちに、何か変なのが飛んできた。
妖精?(中身はシーラーだが、メッサは知らない)
何かキンキンわめいているが、忙しいから構ってられない。

すると、続々とワードナーやらサラもやってきた。
えっ?あのおっさんは神知者だから言う事聞いちゃいけないって?
そういや神知者って混沌に匹敵する悪い奴だって婆ちゃんが言ってた。
でもそれがどうしたのか?
神知者など、海の狼に比べたらささやかな小悪党にすぎん!

私はダイヤモンドを削る作業を続けようとしたが、ガレオンが邪魔を
し始めると、おっと体が勝手に仲間を攻撃してしまう!
恨みはないが、体が勝手に動くんだからしょうがない!
最初は当たるとまずいと思ってよけていたが、まあダイヤモンドの体を
傷つけるのは難しいよね。
防御は装甲に任せて、私は攻撃に専念しよう。
時々、私を押さえつけようとする意思の力が弱くなる時があったので、
その時だけは仲間ではなくダイヤモンドを攻撃することにした。
だって私たち、仲間でしょ(都合の良い解釈)?

さっきまで喚いていた妖精(シーラーだったらしい)が上の小窓に
向かったかと思ったら、サーランデルの支配が止まった?ような気がする。
何が起きたんだ!?


▼ワードナーの諸国見聞録10



★明日のための第一歩


ジュリアのつぶやき


ガリオンの話



バブリーナ号 乗組員一覧(30~39人)


正規乗組員(11+2?)

サラ    ・・・艦長、兼CEZ(チーフエグゼクティブ雑用係)
メッサーラ ・・・総務担当役員、自称副艦長、兼航海長
レイヒルト ・・・技術担当役員、兼機関長、兼工作長
ワードナー ・・・営業担当役員、兼甲板長、兼戦術長
ウルメラ  ・・・主計長、兼監査役(主にレイの)
ビリンガ  ・・・参謀長
ミルキー  ・・・親衛隊長、兼対7番艦特殊装備
ギズボーン ・・・航海副長
イザルク  ・・・戦術副長
キラ    ・・・生活班員コック長
バブリーナ ・・・機関又はアナライザー

ガレオン  ・・・?
マミヤ   ・・・?

客待遇乗組員(4)

変態騎士改め黄金騎士シーラー ・・・メリブの騎士
ティンク  ・・・正規乗組員になったら情報将校になる予定
フー    ・・・今のところ死体
ククル   ・・・地界からついてきた少女(ハッグ?)16~17歳頃の首つり系

一般(名無しの)乗組員(18)  

  • 元海の狼(フーの部下)    3人
  • 元奴隷の青ウェアタグ     8人
  • サラに命を救われたメリブ村人 2人
  • メリブで雇った船員     計5人・・・雇い止め?


船を降りた(る?)人
ニア     ・・・生活班長、兼医療班長・・・下船?
ハブル/アビナ・・・甲板員/生活班員・・・下船?
マシャット  ・・・エティリーズの行商人、カジノタウンで下船


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る