キャンペーン > 侵月 > 20151024

侵月 第2章15話:第2章3話(16)(17)

禁断の魔術に触れもはや何が正気かもわからない若者たちの物語

▼登場キャラ

さるきど ネイリング     F18 siz11/int15/app16 【ヴィンガ・狩人】
武装:背中にグレートソード、右手にジャベリン、左手にターゲットシールド、肩掛けベルトにナイフとか
衣装:現代地球でいうところのタンクトップ、スパッツ、薄革のマント
背景:ゲータ氏族、ケルドンの部族、限界集落出身。強い男(+美形)を旦那として連れ帰るべく、婚活中。
元ジャベリンと盾競技の国体選手。

Kon    モチャ       M18 siz20/int13/app07 【エルマル・ハイラーマ戦士】
武装:モール、種
衣装:厚手の革コート
背景:コリマー部族の客将。預けたまま放置している乗騎を気にしている。

ぷんた  ウォード      M18 siz10/int16/app12 【オーランス・農夫】
武装:シールド、バトルアックス2h
衣装:クイルブイリ
背景:ヴァンタロス族出身、背中に不破の剣の欠片が封印されたことを忘れている。
故郷に両親と姉

yukihito け’ろる(仮) 両生 siz4/int13/app? 【ニュートリング】
武装:ターゲット、ショートスピア(水銀)
衣装:葦のベルトに装備をぶら下げるスタイルが基本だが、今は村にあった厚手の皮を巻き付けている。
背景:ひょうたん淵出身。元々外の世界に憧れを持っていたが、村にやってきた災厄を機に出奔。
尻尾が2本あり、うち1本は一部が切り取られた上で炙られている。
かつては違う名前で呼ばれていたが、自分を含む皆の記憶が置き換わった?

aza アキム      M16 siz13/int14/app13 【オーランス・牧夫】
武装:ターゲット、ブロードソード、アーチェリー
衣装:薄手の革+クイルブイリ
背景:サーター北部辺境(プリンセロス族)の牧夫出身。
出生の問題で家族にちゃんと受け入れられずに育ち、最低限の知識を得てからは最も遠い荒れ地で牧羊犬に話しかけるだけの人恋しい幼少期を過ごす。
ルナー襲撃による家族離散を機に出奔。人が一緒にいるのが嬉しくて、ずっとしゃべっている。

NPC エムル    F8
背景:ルナーに襲われたオーランス集落から逃げ出した女の子。行方不明。
   バットの触手の餌食になろうとしていたところをウォードの剣が阻んだが・・・?

NPC メルラ    F16
背景:ルナーに襲われた別のオーランス集落からアキムに助けられた集落一の美少女。オババ候補。


NPC モルトーケス    M?
背景:ターシュ出身のヤクスンチェン。バットカルトに強い遺恨を持つ。

NPC デミタース    M?
背景:柱に張り付けられていた青年。ペローリア人。実は意外な大物。


▼ログ

1600年頃 火の季 末
ザ・クリークの支流のC村
占領していたルナー兵を追い払った後の戦後処理。
17:00過ぎ頃から

第2章第3話(15)


モチャ、ケロル、ウォードがルーパー

メルラはループせず?、前回の記憶を持ち越したまま今に至っている。
しかし、MP、長期疲労なども持ち越してしまうため、今回は予知が使えず。

メルラはエムルに会ったことはなく、一度会ってみたいと言い出す。
が、今回は見送り。

今回の行動

モチャはカマキリを連れて、敵20番(司祭)を拉致しに行く。

アキム、ウォード、メルラはC村で待機。
モチャの行動の結果を待ち、ウォードは洞窟へ、アキム、メルラはかくれんぼに行く予定。

ネイ、ケロルはモルトケスをさそいパン工場へと行く。

が、ウォードもモチャの結果まちだと間に合わなくなるので、
結果をまたずにパン工場へと向かう。

○ルナー兵襲撃

必殺のカマキリを伴ってモチャは待ち伏せを行うも、
返り討ちにあい、モチャは捕まる。

○パン工場

モルトケスを誘ったため前回より1時間遅れで到着。

古ペローリア語で書いてある文書をモルトケスに見てもらう。
が、書いてある内容の辻褄が合わないらしい。

モル「おかしな事が書いてある」
「婆さん、あんた、いつ来たんだ?」

内容は、ここではなく、ターシュの地名などが出てくる。
またモルトケスの見立てでは、この建物も古いターシュの様式ではないか?
とのこと。

時間もないので、モルトケスは本を何冊か持って離脱。
ネイとケロルも本と一週間分のパンを持って洞窟へ。

○かくれんぼ

アキムは隠れるが、簡単にメルラに見つかってしまい、儀式は発動しなかったようだ。

○捕まったモチャ

頭に罪袋をかぶせられ、木に吊るされる。
「デミタースに頼まれたんだよ~」

ルナー兵は放置して、去る。

○洞窟

バット襲来の際にネイが抵抗00を出し消える。

残ったウォードは繭に入り、筋力増幅薬を飲む。
ケロルはパン工場から持ち帰った本を読む。

不思議とケロルは新ペの読み書きが出来た!
どうやらアズリーリア洞窟で解体・再構築された時についたらしい。

ケロルはストックを使い、本を読むと、何故か偉大なるニュートの顔がちらつく。

本に書かれていないが、隠された意図に気づいてしまう。

どうやら農場にある石は周囲の四つの山から取ってきており、それが
強大な地域魔術となって、この地を変えてしまったらしい。
しかし、それ以上の理解を得るには呪符や農業の知識が必要になる。

3日後、読書に耽るケロルを何者かが襲う。
繭の中で寝ていたウォードはそれがモルトケスであると気づくが、
寝起きでとっさにクランスを投げる(ストック)も、77-00ファンブル。

ケロルはボコられて死にかける。

ウォードは必死にモルトケスを説得する。

モル「手に入れてはならぬ知識を手に入れたはず」

しかし、ウォードが内容を理解していないことを知るとモルトケスは去る。

ケロルに見張りを任せ、ウォードが再び冬眠に入ると、さらに
ケロルを何者かが襲う(多分、オオグモ)。
ウォードは再び起きるが、ケロルは体液だけ残して何者かに連れ去られた後だった。

ウォードはここで修理(77-00)。

第2章第3話(16)


ケロルがストック以下を出し、何とか記憶なしは免れる。
ストックは使用不可。

方針としては、ネイは村人を誘ってかくれんぼ。

他は全員でパン工場およびA村に向かう。
カマキリに荷車をつけ、足の遅いC村婆やケロルを乗せ進む。

○かくれんぼチーム

ネイと村人Aはかくれんぼを行う。
ネイが隠れるが、一度目は簡単に見つかってしまう。
気を取り直してもう一度行うが、今度は見つけに来てくれない?

待ってる間に通常どおりバットが来て死亡。
神性介入に成功し、WILL17を解体する。

○パン工場チーム

途中で分かれ、ウォード、ケロル、オババがパン工場に入る。

C村オババはパン工場に入るのは初めて。

ケロルの記憶を頼りに、該当の書物を探す。
オババ知識で補正。

完全に理解を得たわけではないが、ドラゴンキル以前の話らしく
ターシュの四つの山から石を切り出し、壮大な地域魔術を行ったらしい。
この地の植生や水の流れなども大幅に変わり、一般的なサーターの一地方
とは趣を画する地域となったのだとか。

ウォードは外の石を探そうとする。
小屋の上方の台地に広大な小麦畑が広がっており、その四隅には結構大きな
岩が置かれている。岩から見ると、暗がりにこの岩を切り出してきたと
思われる山が遠くに見える。

ウォードが岩の上に登ってみると血の匂いがする。
その後、足を滑らせ、台地の下に落ちる。
何か固いものの上に落ち、死亡は免れるが、結構な深手を負う。
周囲には動物の骨と思しきものが多数散乱しており、どうやらこの匂いらしい。

E小屋婆に聞くと、タブーに触れるらしく、そんなこと聞いてくれるなと怒られる。

その後、洞窟に移動。

○A村チーム

メルラはエムルと初めて会う。
メルラの記憶が混濁。「10年前に旅の人がやってきて・・・」など
エムルの生い立ちと自分を重ねているらしい。
ただし、詳細を聞くと男女の構成比が違うなどということがわかる。

※ここでストックが使えない回に、77を出すとストックが使えるように
なるということがわかる。

改めてエムルの生い立ちについて聞くと、何かモニョモニョ言ってるが
最終的にお父さんは王様だと言い始める。
偽名だったが、時系列でいくと、現王サリナーグではないか?と推測。

モチャは皆を外に残し、デミタースを詰問。
どうやら啓発者同士はお互いを認識できるらしい。
ちなみにルナー兵の7番も啓発者だった。

啓発者ということで気を許したのか、デミタースは色々と教えてくれるが、
詳しくは明日の朝ということらしい。
分かったのは、B村まで行けば、バットのお腹が途中でいっぱいになるので
引き返すということ。

バット襲来。
啓発者だからバットが襲わないのではなく、デミタースが襲わない
ように指示しているらしい。

生きながらえたモチャはデミの紹介でバットの司祭と面会。

  • 20番(バット司祭・40代・オブトー)
デミタースと仲が良い(どちらかというとデミタースがイジリ役)。

モチャはオブトーにA村で奪った麦を見せてくれと言うと、見せるだけ、
先っちょだけという条件で見せてくれる。
見た目はかつてA村で見た金属麦とは異なり、化石化しているように見える。
モチャが先っちょに触れると、にわかに活性化するが、その前に取り上げられてしまう。

ちなみに19番(ヤナタニロード)は無口なため個人情報はほとんど得られず。
18番(ダンファイブ)はガーゼットゼースという名前。

モチャは用事があると言って離脱を試みるが、バットカルト一座に強制連行されそうになる。
何とか逃れたモチャがリセット。

ウォードがストック以下(効果)を出し、ネイもストック以下(通常)を出す。

以下次号

次回予告




▼azaのメタなメモ




▼ウォードの日記


  • 書き換えしたいこと
 ・呪文獲得の際に<抵抗3>を得る→狂気をなかったことに
 ・祈祷師ニュートリングから呪付を習っていたことにする

  • モルとガチバトル
 ・戦闘技能チェックと、モルの隠し玉を確認する

  • 麦畑の調査
 呪付のわかるひとと、麦畑へ向かう。
 ・麦畑が安全地帯か確認
 ・四方の石の魔術の雰囲気を確認、気分悪くなるようなら砕く
 準備物 たいまつ、つるはし、スコップ、ロープなど

  • エムル救出してD村の先へ
 ・ウォードがカマキリとの同調をもらってA村へ行き、エムルを回収して、D村の先へ向かう
 ・他メンバも可能な限り走ってD村の先へ抜ける
  問題点:メルラさんの心が砕けるかも。

▼モチャ目線のログ、じゃなくて所感

まぁ、よく考えたら<視力>とか解体したモチャがカマキリに乗って強襲するのはちと無理があるか
ストックを使いまくれば何とかなるかもしれんけど、カマキリのロールはどうしようもないので、ここで使うのはもったいない気がする
で、つかまってボコられて死亡
要するに、啓発されてもバット様の叫びには対抗できないっと

次のループで、エムルとメルラのご対面
会っただけで、劇的に場面が変化することもなしっと
まぁ、これは想定内
想定外だったのは、エムルが自分の父親が王様であると言ったこと
ドラゴンパスで王様って言ったら、サーター王のこと?
一般的に部族長とかは王様とか言わないよね?
混沌とのバランスにエムルが関係するのはこれが理由の1つ?
まぁ、考えても良く分からんので、知っていそうな人に確認するか

ということでデミちゃんと会話の開始
啓発者を増やしてもしょうがないので、モチャだけで対応することに
特に、ルナー側がエムルの事を認識している様子はないっと
こんな時に相手が頭がいいと、ガツガツ聞いても勝手にない裏の思惑を考えてくれるので楽でいいw

啓発者同士ってことで、とりあえず、ルナーの先遣隊の方々に紹介してもらう
こちらの言動の不自然さは、どうやら啓発者だからということでスルーされそう
先遣隊の人に、D村の聖宝を確認させてもらったら、ガッツリ反応した
可能性としては、木の洞にあった穀物神の聖宝は、何かしらの変遷と主に、現在はD村にあったのかも
ただ、この穀物神も、ルナーがらみの神っぽいし、麦畑の一件をみるに、一筋縄ではいかなそ
というか、こんな神に入信しててもいいのか?


こんなことを繰り返していると、そのうちフォースの暗黒面に落ちそうだw


ケ’ロルの話

今回は本を読む話ケロ。

ネイリングと一緒に谷合の麦を育ててるおばさんのところへいったケロ。モルトーケスも一緒ケロ。
モルトーケスに地下の書庫の本のタイトルだけを見てもらったけど、よくわからなかったケロ。何冊かモルトーケスが持って去ってから、本とパンをもらってから洞窟へいったケロ。

夜が明けるとネイリングがいなくなってたケロ。あきらめて、洞窟で本を読んでみたら、読めたケロ。なんでケロはこんなの読めるケロ?偉大なるニュートリングのお陰ケロ?
読んでみると、なんかこの地がおかしくなったとか書いてあるケロ。とりあえずウォードやネイリングに伝えたケロ。

本を読んでたら何かに襲われたケロ。とりあえず攻撃を避けて振り返ろうとしたら、何もわからなくなったケロ。惑いの呪いをかけられたケロ。
ウォードに助けてもらったケロ。モルトーケスが襲ってきたらしいケロ。得てはならない知識を得ただろうといってたらしいケロ。何の事だかわからないケロ。

その後、ウォードがまた繭に包まれて寝るといって寝たケロ。ケロは起きるのを待ってたら、なにかに襲われたケロ。抵抗できずにそのまま意識が遠くなったケロ。

次の回はウォードとオババをつれて小麦畑へいった蹴ろ。本の通りに農場を調べてみたケロ。よくわからんケロ。この儀式を壊せばいいケロ?

ケロは一体どうなってしまうケロ?




ネイリングの中の人は語る


何故にかくれんぼは効果を発揮しなかったのかを検証。

かくれんぼを儀式として考えると、色々要素が足りなかったのではないか
と思われる。

1)必勝の信念

まあプレイヤー自身でさえも、内心馬鹿馬鹿しいと思ってやっている(笑)
ので、キャラクターの心情たるや。こんな状況で、本気でかくれんぼしよう
と思ってはやってないでしょうw

あとディティールの定まっていない村人を誘ってしまったのも良くなかったかも。
もっと本気で探すように色仕掛けでも試すべきでした。

2)魔術的要素

<隠れる>や<追跡>の成否が儀式に影響するかどうかはわかりませんが、
重要な要素として<わらべうた>を挿入するのを失念していました。

おそらくはエリアでわらべうたを歌うというのが一つの要素なんだと思われます。

ただ、これが意識的に歌うのが良いのか、何らかの魔術的作用によって
歌わさせられるのが良いのか・・・はわかりません。

というわけで、次回のメニュー。

名もなき村人をパートナーに選ぶなら、それ相応の動機を本人に与えないといけません。

まあ「オババにこの村は災厄によってもうすぐ滅ぶと言われた。
若い男女をペアにして儀式に臨ませ村の再建を託された」
とか言い含めれば、若者ごときチョロイでしょう。

ここで<雄弁><娼妓>を稼ぎます。

また森に向かう途中で、登攀ロールを一度しか振りませんでしたが、あえて
困難な道(川越えで水泳、ジャンプ、さらに登攀)を選び、村人との吊り橋効果
を誘うのもありかもしれません。

そして、次に最初に鬼役としてまず自分が村人を探しに行きます(追跡)。
ただし、村人をループ除外してもしょうがないので、見つけた後は、
自分を探してもらいます。

本気で探してもらいたい(かと言って見つけられても困る)ので、ここは
組打ちで相手を組み伏せ、性欲求の増加を図ります。

ここまでやって駄目だったら、かくれんぼはメルラに任せた方がいいのかもw



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る