キャンペーン > 死狂 > 20060826

第2部 第4話: 古の名刀


●登場キャラ
D-Human  アルガール 無表情のっぽ外人系
TAKA   ヴァグラム ひきこもり系
りんぞう セアベル  マッチョ系
aza    マルミール ジャニ系
NPC    リディア  キリリとした美人

●メモ
  • ゴープに苦戦し退却する三兄弟+美女。
  • 郵便配達から帰還したマルミールが金の匂いを嗅ぎ付けて同行を申し出ると、セアベルが後押しし、同行が承認される。
  • 洞窟への再アタック。しかし、早速冬山なのに焚き火にあたるのを拒否し、さらに洞窟に入ってもたいまつの使用を拒否し、火剣の使用まで拒否するマルミールに早速後悔をするはめに。嫌味を言ってもうざい誤解(意図的っぽいが)でかわしつづけるマルミールにうんざりしつつあきらめる一行。
  • ジャンズマンからレンタルした火剣呪文の呪付物でゴープを退け、洞窟あさりをする一行。金の亡者と化したマルミールの強引な説得で、第二エリアを時間をかけて徹底的に(笑)捜索し、獲得した剣を含む物品を持ち帰る。
  • ジャンズマンに剣を渡すと上機嫌となり、何でも望みを言ってみろと言われる。それぞれに望みを言い、抽象的な折衝がおこなわれる。
  • セアベルはジャンズマンに剣を打ってもらうことになるが、その様子を見ていたアルガールも申し出、二人の剣を作ることに。その間、ヴァグラムは冬山でひいた風邪が悪化し、寝込むはめに。マルミールは体力にものを言わせてハードなアルバイト(CONトレーニング中)にいそしんでいた。


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る