ルール > PoW > テストプレイ > 第一夜



【な】:さて、一応待機。
【まりおん】:いちおう顔を出してみました
【な】:/
【な】:どうしましょう。キャラメイクしてみます?
【まりおん】:申し訳ありませんが、今日は気分的にダメだす orz >夫婦喧嘩のため
【な】:あー、それはつらいよねー。うちもよくやります。どんまい><
【な】:そういう日はMMDでも見て現実逃避ですねw
【まりおん】:もーキャラクターがマイナスの波動に満たされてしまいそうw
【な】:まあそれも面白いのですがwww 子供と遊んで浄化されましょうw
【まりおん】:喧嘩が途中で終わっているので明日の朝が怖い 
【な】:・・・えーとwwwそういうときは突撃ですw
【まりおん】:ところで、Power of Words 、 あれですね、別タイトルで Words Worth って案はどうでしょう(笑)
【な】:それはすでにソフトとかありますw
【な】:ネット時代のマーケティングとして、名前を決めるときは競合がないのが基本w
【まりおん】:まあネタですw 
【な】:ああ、エロゲがあるのを知っての狼藉でしたかwww
【な】:ちなみにPowerではなく定冠詞付き複数形なのでした『The Powers of Words』
【まりおん】:ところで舞台はどうします?
【な】:海洋冒険物がやりたければそれでも。それこそこないだのまりおんさんのシナリオをそっくりもらってもいいぐらいです。
【な】:ただグローランサ不慣れな人がいるなら、それなりの対策をうったほうが良いかなーとは思ってます。
【まりおん】:そですね。
【まりおん】:とすると、舞台や登場する文化を限定してやった方がいいので海洋は却下か。
【な】:戦闘物よりも政治戦、精神戦、推理物や感動物につよいシステムなんですけどね。
【な】:オーランス文化は実は初心者にはわかりにくいですw
【な】:ルナーのほうがなじむといえばなじむ。
【な】:あとは偉い人より物を知らないぺーぺーをやったほうがラクですけどね。
【な】:構成としては「知識のあるまりおんさんのキャラクター」と「能力のあるほかのキャラクター」というのがバランスいいかも
【まりおん】:物語りシステムなので、プロットはプレイヤーが知っていても問題ないんですよね? であれば、なんかプロットを提示してゲームするのがわかりやすいかもしれない?
【な】:そです。ただしお約束度が高すぎると飽きるので、揺れ幅の大きいプロットがいいんですよね。
【な】:だからこないだのダート競技なんかはいい設定です。
【な】:でもはっきりいって自キャラに萌えるためのゲームなので、まりおんさんが萌えるキャラを作って、それに周りがあわせるのが良いですw
【まりおん】:盲目拘束具預言少女(巨人つき)、萌えるかなーw
【まりおん】:このキャラはべつにどこでも出れるな。ルナーでもエスロリアでも
【な】:まあどこにもいられない、ともいいますw
【な】:過去の思い出キャラとかリメイクしてみるのもいいとおもいます。
【まりおん】:ふーむ。そうすると男装の麗人のイェルマリオンとか。ってそんなのばっかかw
【な】:いいんじゃないすかw
【まりおん】:じゃあそれで(笑)
【な】:どうします?自分で作れます?いや、今日じゃなくても。
【な】:ガイドしても良いですし。
【まりおん】:じゃあキーワードだけ振ってみましょうか。
【な】:どぞ。
【まりおん】:【鷹のロイロール】【イェルマリオン】 [1d10] = (2) = 2 = 2
【まりおん】:うぎゃー
【な】:いや、別に大丈夫です。このゲームw
【な】:鷹のロイロールが名前ですね?
【まりおん】:じゃあ気を取り直して。【鷹のロイロール】【男装の麗人】 [1d10] = (5) = 5 = 5
【まりおん】:そです。愛称はロイでした。
【な】:どんどんどうぞ。20を超えるまで。
【まりおん】:【ロイ】【長槍遣いの傭兵】 [1d10] = (2) = 2 = 2
【な】:出身地とか氏族はあればあったほうがいいかもです。
【まりおん】:【ロイ】【プラックスの太陽領】 [1d10] = (8) = 8 = 8
【まりおん】:あと1回かな。
【な】:そですね。たぶん。
【まりおん】:【ロイ】【ベガ・ゴールドブレス様への愛】 [1d10] = (9) = 9 = 9
【な】:うおwww超絶百合wwwwwwwwww
【まりおん】:あれ?
【な】:これはベガさまのためにイェルマリオやってんなw
【な】:素晴らしいお手並みでしたw
【System】:まりおんさんが退室しました。
【System】:まりおんさんが入室しました。
【まりおん】:なんか止まってたので入りなおしてみたけど、ダイス目それでしたかwww
【な】:ああ、表示がおかしくなったら、上のバーにある矢印が回ってるマークを押すとよいです。
【まりおん】:これで停止ですね?
【な】:寝ます?初期アトリビュート抽出しておきます?
【まりおん】:アトリビュートってどのくらいづつ抽出するんですか?
【な】:ゼロでも良いです。いつでも抽出できるので。ただ、抽出しといたほうが他の人に絡んでもらえます。
【な】:だいたいキーワードごとにひとつぐらい抽出しておくと良いかもです。
【な】:それから特殊なもの、例えば鷹とかいるなら持ち物として振っておいたほうが良いです。
【な】:あとはプロフィールを書いてしまえば、まあプロフィールとキーワードの組み合わせでどうにでも。
【まりおん】:じゃあ、イェルマリオンだけ抽出しておきますか。というか、HQのキーワードからひっぱってきてみます。
【な】:うい。ただしアトリビュートの抽出はCNCを使うので、セッションに必要なさそうなものはキャラクターシートに記録だけして、抽出しないほうがよいです。
【まりおん】:CNC ってなんでしたっけ。ナレーション番号?
【な】:そです。キャラシートにアトリビュート書くのはタダ。ゲーム中に投入するにはコストがかかります。
【な】:CNC=キャラクター・ナレーション・カウント
【まりおん】:魔術も基本的にはアトリビュートとして扱うのですか?
【な】:そです。持ってる神聖魔術はアトリビュートにかいときます。
【な】:ここにコンバート指標が http://www30.atwiki.jp/hazama/pages/902.html
【まりおん】:じゃあ【イェルマリオン】からは 《戦闘》(《槍のブレース》《士気を晴れやかにする》《固定された盾》《歩調を揃えた行進》《高精度の槍》)、《光》(《雲を払う》《暗黒を見通す》《光輝の盾》《暗黒を打つ》《輝ける太陽のコロナ》)
【まりおん】:〈射撃戦闘(弓術)〉〈遠くを視る〉 〈イェルマリオの神話〉
【まりおん】:多すぎます? 削った方がいい?
【な】:いや、別に。関係ないですw
【まりおん】:じゃあ加護と制約は振りなおしておこう。
【まりおん】:加護 [1d20] = (17) = 17 = 17
【な】:別にそのままでいいですけど?
【まりおん】:いや、もとのキャラシートないので忘れましたw
【まりおん】:17 「秘された炎」(《光》の神力に《炎に抵抗する》の神技を獲得する);制約を1つ受ける。
【な】:そですかw へんなのが出ないといいですねwww
【まりおん】:制約 [1d20] = (20) = 20 = 20
【まりおん】:20 さらに2回振る。
【まりおん】:うおw
【まりおん】: [1d20] = (15) = 15 = 15
【まりおん】: [1d20] = (9) = 9 = 9
【まりおん】:15 いかなる場合でも、ドワーフに話しかけたり、助けたりしてはならない。
【まりおん】:9  むやみに馬を苦しめてはならない。
【まりおん】:あー穏当なのだった。
【な】:まあいいんじゃないですかwww。このシステムで「魔法」の持つ意味ってわかります?
【まりおん】:現実的にありえない状況をありえるようにする?
【な】:yes。「ナレーションができる」ことそのものが効果です。
【な】:ですから、魔法はキャラクターシートに書いてあるだけで意味を持ちます。
【まりおん】:なるほど。あと下位カルトはクシルだった気が。〈射撃戦闘(騎乗しながらの弓術)〉《光》への追加神技:《光の矢》 、《戦闘》への追加神技:《騎乗しながらの回避》
【な】:だから魔法を処理する特別なルールはないのでした。
【な】:クシルってどんなんでしたっけねー といってググる
【まりおん】:HQもそうといえばそうですね。あれは入信ルールとかいろいろしちめんどうくだいですが。
【な】:PoW、ラクですよねwww
【まりおん】:「クシルは乗馬の達人であり、太陽領に騎射の能力をもたらした人物である。彼への信仰は馬が新たに太陽領にもたらされて以降、近年になって再編された。何世紀ものあいだこの地には騎馬の戦士は存在しなかった。かつては太陽領軍のなかでもありふれたものであったが、この地には騎乗して戦う射手はまだわずかしか存在しない。」
【な】:あーwwwさみしそうな下位カルトだw グレイザーとかとどっかでつながってたりするんですかねー
【まりおん】:馬に乗ってるから遊牧民から目の敵だよ(笑)
【な】:えー、馬、持ってるんですか?www ないんじゃね?w
【まりおん】:ないですか? 〈馬〉とか書けば持っていることにw
【な】:いや、もってていいですけど、維持が厳しそうでw きっとゼブラに茶色の毛皮を(違
【まりおん】:そのへんはGMにお任せしますが。たしか前にRQでやったときは乗ってませんでした(笑)
【な】:あー、ついついセーブルのことゼブラっていっちゃう。
【な】:あとはプロフィール書いてくれればゲームできますよ。
【な】:それから、私はキャラクターのアイデンティティー大事にするんですけど、過去の記憶とかってどうします?
【まりおん】:じゃあそれはまた明日にでも。
【まりおん】:過去の記憶というと?
【な】:前に使ったキャラだから、事件とか思い出とかあるんじゃないかなーとか。
【な】:もし設定があるなら拾いますので、長文ならメールででもブログででも出してみてください。
【まりおん】:流行りのリ・イマジネーションとかでもいいですけど。同じキャラだけどちょっと違うというやつ。ディケイドですねw
【な】:あまりハデな事件は取り入れられないかもですけど、引っ張れそうなのは引っ張っちゃいますので。
【まりおん】:このキャラ、ゆりかご河の「黒の舟歌」キャンペーンやったPCなんですよ。事件後だと、フィーンドぶっころしてるんですけどいいですかw
【な】:いいんじゃないですか?別に。フツーです。フツー。
【まりおん】:うーん。ではどっちにするかも含めてちょっと考えさせてください。
【な】:ういういしいキャラクターやりたければ、そういう記憶はナシにしてもいいし。
【な】:はーい。じゃあ今日はこのぐらいですかね。少し気分晴れたならよかったけど。がんば!w
【まりおん】:ほかの人がキャラつくるのの障害にならんかなーと思って。あんまり設定あると。
【な】:ならないです。話が面白くなる一方じゃないかな。
【まりおん】:このキャラだと、舞台どこですかね。ゆりかご河? 
【まりおん】:傭兵だからどこでもいけますけど。
【な】:地元との関係によりますけど。でも地元じゃないほうがたぶんいろいろ困って冒険できますw
【な】:コーフルーあたりとか、忘神群島とかでも面白いかもです。
【な】:ああ、あと反ルナーかとか親ルナーかみたいな政治的立場とか性格がわかると舞台が設定しやすいですね。
【まりおん】:GM世界のゴールドブレス様によります(笑)>ルナーか反ルナーか
【な】:昔はどうだったんですか?w<ゴールドブレスさま
【まりおん】:いっそノチェットとか? なんか最近グレッグの資料でてたし。でも舞台限定にはならんか。
【まりおん】:たしか反ルナー じゃないとほかのPCとの折り合いがww
【な】:じゃあ、「反ルナーだと思ってゴールドブレスさまのところへ戻ったら親ルナーになってる」に決まってるじゃないですかwww
【まりおん】:じゃあ親ルナーに転向しますw
【な】:ところがそれは仮の姿でですねw
【まりおん】:うわーw 
【な】:まあそういうのはPCが引き返せないところまで踏み込んでからひっくり返すのが基本ですよねwww
【な】:と、いうことで、このゲームはそんなことを楽しむゲームです(真面目)
【まりおん】:えーと、忘神群島とか私もやったことないんですがどうなんでしょうw そのへんにします?
【な】:別にパヴィスでもいいんですけどね。パヴィスだと私が詳しくないからボロがでるかも。
【な】:まあ地元かそうじゃないかだけ決めればプロフィールに影響はないですね。
【な】:せっかくの冒険なので、故郷を離れて数百里、ということにしておきましょうか。
【まりおん】:じゃあ地元じゃないことにしましょう。
【な】:おお、タイミングぴったりw
【まりおん】:ではこのへんで寝ます。おやすみー
【な】:はーい。おやすみなさーい。

【まと.】:わ
【まと.】:遅かったか‥‥‥(>_<)
【まと.】:おぅいぇ~♪
【まと.】:てすてすてすてす (とめちゃっと初心者)
【まと.】:あわわ ()

【な】:あ、まとさんだー。参加されます?参加されるなら好きな話の傾向とやってみたいキャラクターとか書いてくれれば対応しますー
【な】:まりおんさんみたいな昔キャラのリメイクでも良いですよー

【まと.】:まりおんさんからメールでお誘いいただきましたです。僕もぜひ参加させてください~~~! >なゆたさん
【まと.】:好きな話の傾向ですか‥‥‥うーんうーん。日頃地元RPG仲間とはここ何年もD&D3.5eばっかプレイしてるので、ダンジョンハックとか薄っぺらな背景描写とかは遠慮したいですね。
【まと.】:ってかGMはなゆたさんですし、背景はグローランサだそうですし、オンセってことでダンジョンハックもなさげだし、心配することないですよね! (^^;
【まと.】:となると‥‥‥好きな話とかキャラとか、今んところ特に思い浮かばないなぁ。
【まと.】:それよりも! テストプレイってことですので、テストしたい箇所とか、テストプレイに適した環境作りとか、グロラン初心者さんにも把握しやすい背景設定とか、
【まと.】:そういうのをGM様に、あるいは参加者を交えて話していただけると助かりますです。



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る