※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

観光地・龍吼洞

ご利用案内


龍吼洞


明待川の源流となる龍河水系はその源を龍吼洞に持ち、暁の観光資源を支える大鍾乳洞をなしていることが知られています。洞内にはすでに知られているところだけでも3kmを超える深さがあり、その全容は依然として知られておりません。また、その奥から湧き出る清水が数か所にわたって深い地底湖を形成しており、世界でも有数の透明度を誇る湖として有名です。
 深く透明な湖水は洞内にある無数の鍾乳石や石筍などと共にまさに自然の神秘といった風情で幻想的な世界を見せてくれます。


鍾乳洞内は常に一定気温のため、肌寒い方用に防寒具も用意しております。

赤の祭壇


元サイズは→こちら

 赤の祭壇は、龍吼洞鍾乳洞群の中でも最も有名な洞窟であり、観光名所でもあります。大きさとしてはそれほど大きな洞ではございませんが、他の洞と大きく違う点があるのです。それは、暁の象徴ともいえる赤を基調とした光景が自然の姿で見ることができるというものです。
 限られた入口から入射する光が赤晶を通して洞窟内部を仄赤く照らしだすため、幻想的な風景を見せてくれます。この赤晶とよばれる巨大な結晶体は天然のもので、過去幾度も掘り返そうとしては事故が起きるなど、御神物であるとされており、今でもその規模は不明です。この洞窟の入口には明刻社の分社が建てられていて、現在は明刻社の宮司、巫女が出入りの管理をしています。


  • 龍河水系
 龍河水系は一般的な枝状水系で、本流である明待河を中心とした樹木の枝のような形状をなしています。これらは幾多に分かれて翠王湖へ流れ込んでいます。

  • 龍河青
 暁には龍河青と呼ばれる深い緑がかった青色があります。これは赤を中心とした暁には珍しい色ではありますが、赤に対するワンポイントとして比較的好まれる色です。

(見学所要時間:一般コース30分、冒険コース1時間30分)


暁山温泉


龍吼洞観光のあとは温泉で体を休めませんか?


 暁山は火山であるだけに、温泉がよく見つかります。その一つがこの暁山温泉です。暁山温泉は昔からお肌に良い美人の湯ともいわれています。美人の湯と良質な山菜と暁の自然で育まれた美味しいお肉と、そしてその眺めこそが最大の売りです。
皆さんも穏やかな時の流れに疲れを癒しにお越し下さい。


(イラスト:岩澄龍彦、さるき 文章:風杜神奈)

観光地データ

L:観光地 = {
 t:名称 = 観光地(施設)
 t:要点 = 観光地
 t:周辺環境 = おみやげ物屋,ガイド
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *観光地の施設カテゴリ = 国家施設として扱う。
  *観光地の位置づけ = 生産施設として扱う。
  *観光地の特殊 = 毎ターン生産フェイズに資金が+15億される。
 }
 t:→次のアイドレス = お祭り(イベント),郊外ファームタイプの遊園地(施設),大観光地(施設)