※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

学校


L:学校={
 t:名称=学校(施設)
 t:要点=校舎,運動場,桜の木
 t:周辺環境=青空
 t:評価=なし
 t:特殊={
 *学校は所属する藩国内の学生、風紀委員会、生徒会役員、生徒会長、番長の職業を持つキャラクターに知識と耐久に+1する。この効果は複数入ることはない
 *学校が戦場になる場合、学生、風紀委員会、生徒会役員、生徒会長、番長の職業を持つキャラクターには装甲判定に+5の修正が入る。この効果は複数入ることはない

→次のアイドレス:・学校要塞(施設)・部活動(イベント)・学生(職業)・小島空(ACE)

 広い校庭にはトラックラインが引かれ、一周四百メートルの赤茶色のグラウンドがある。
 この部分は陸上部の支配領域なのだろうか、肩身が狭そうに外回りを走る他の部活の学生がよくみられた。
この部分に入れるイラストを作成中です/さるき
 子供が元気じゃないと国が滅びると藩王が嘯く暁の円卓において、学生が戦場に立つ可能性があるとするならば剣としての才能があるか、あるいは王としての才能があるかのいずれかしかない。そしてその剣や王は学園出身者以外存在しない。
 よって、学校に通う子供達は守るべき対象であった。
 とくに時の摂政風杜は自身がほぼ同年代の身でありながら、政道、武道両面にて彼ら彼女らの守護者たらんと努力しており、藩王も率先して動いているため、今日も子供達は元気に過ごせているのだろう。

校舎
 それでは施設を見てみよう。
 暁は活火山があることから降り注ぐ火山灰や地震に対する備えが施された木造建築が主となっているのがわかるだろう。これらは理力を持って建築物を作り上げる建法術士の匠の技ともいえる。
 対重量、耐熱性を誇る屋根作りと、振動を打ち消す働きを持っている形状の柱の組み方で、災害時の被害を減らしているのである。実際暁の円卓における災害時の死傷者数を見ても、倒壊による被害はこの条件にありながら驚くほど少ない。一般の家屋ですらそうなら、守るべき子供が日常を送る学校はさらに強固に作られているのは当然の帰結だろう。
 それだけではない。
 学校というものは非常時には避難先となり地域の防災上も最優先で残らなければならない。その上で、非常時の備えとして各種物資の集積施設も近くに設置されているのも特徴である。例え経路が寸断されて孤立化してもしばらくは生活可能になっているのだ。

校舎平面図(2階建)
 1階

 2階
  教室数 16教室(1階7室、2階 9室)
  校長室、職員室、保健室、会議室、図書室


構内図
 特別棟:2階建:特別教室、食堂、給食室(調理室)等
 体育館:バスケットコート2面、倉庫内に非常食・常備薬や防寒具等を保管
 武道館:柔道・剣道の競技4面、筋トレ室等
 部活棟:部活動の部室棟
 事務所:事務員室、警備員室・宿直室等