政府広報 62218002

国民の皆さんお世話になっております。暁の円卓政府広報です。
本日発表されました藩王より暁の国民に向けたお知らせと政策をお伝えします。


包括的流通食品衛生法への批准について

このたびテラ領域法制調査機構(以下、TLIO)より発表された包括的流通食品衛生法ですが、暁の円卓でも「食の安全」という見地から批准することに決定いたしました。


なお、同法案にはデジタルデータによる食品情報の管理が奨励されていますが、この点に関して暁はご存知のとおり電子管理を行うための電力がありません。
そのため、以下の代換法案にて対応させていただくことになります。

食品監査及び管理の開始

食の安全性確保のために、暁の円卓でもNACによる監査基準に基づき微生物・品質・毒性の三点における食品の監査及び管理を開始します。
具体的には流通される全ての飲食品を対象にNAC基準の機器による微生物検査、管理札による食品の品質管理、検査機による毒物検査を行います。
こちらは他藩国では小型ロボットの導入による自動化が行われる予定ですが、暁の円卓では新たに人間の手によって行います。
また管理札の情報に関しましては、他国と同一の基準を使用することで共有性を確保します。


国立病院との連携

上記の製作の開始に伴って、先ごろ開設された国立病院に衛生課を新たに設置。
管理札の貼り付け以外の作業にはこちらの人員を当て、確実性と迅速な施行を両立させます。
人員は食品・衛生関係に従事した経験のある人間を藩国政府で面接の上新たに登用、この職務に当てます。
また、管理札の貼り付け業務にもこの人員を随伴・監督させ、安全確認を確実なものとします。
なお、こちらの人員には戦士としての能力は問いません。

国民の皆様へ

急な政策施行に際しまして、食という身近な分野に置けることもありご不便をかけることもあるかと思います。
ですが、食は身近なものであるともに日常の中で直接人体に影響を及ぼすものでもあります。
「腹が減っては戦は出来ぬ」、暁の円卓もその例外ではありません。
昨今の不安定な情勢の中、その安全性を確保するのは国民の安全のためには重大な急務であると政府は考えます。
どうか、よろしくご理解のほどをお願いいたします。