※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

射法八節(しゃほうはっせつ)

射法というのは射術の法則、すなわち弓の引き方を指しています。現代の弓道は基本的にほぼ同じ射法を元に構成されています。すなわち弓道の基準であり、練習する上で必ず理解する必要がある動作です。元々は「五味七道」という7つの動作だったのですが、最後の「残心(残身)」が追加され「八節」となりました。「節」とは竹に例えて、一本の竹に存在しつつもそれぞれ異なったもの、という意味を表しています。

注)説明文の一部は弓道教本から抜粋しています。

1. 足踏み(あしぶみ)

射法八節の第一節、基礎となる最初の足の踏み方を表しています。「射位(しゃい:弓を射る位置)で的に向かって脇正面に立ち、両足を的の中心一直線上に外八文字に踏み開く動作」と説明されています。見た目にはただ足を踏み開くだけの非常に単純な動作ですが、実際には踏み開く幅、足の角度、正しく脇正面に立っているか、などを考えながら行う必要があり、土台であるがゆえに足踏みが正しく行われないと以下の動作の全てが歪んでしまうといわれます。
なお開き方には、片足踏み開きと両足踏み開きの2種類が存在します。


2. 胴造り(どうづくり)

射法八節の第二節、足踏み後の上半身の振舞い方を表しています。「足踏みを基礎として両脚の上に上体を正しく安静におき、 腰をすえ、左右の肩を沈め、背柱および項(うなじ)を真直ぐに伸ばし、総体の重心を腰の中央におき、心気を丹田におさめる動作」と説明されています。これも見た目の変化はほとんどなく分かりづらいものですが、行射の根幹となる、といわれるほど大切な動作です。
胴造りには反る胴、屈む胴、懸かる胴、退く胴、中胴の五胴(五身ともいいます)があります。基本は中胴です。


3. 弓構え(ゆがまえ)

射法八節の第三節、射を行う直前の準備動作です。「足踏み、胴造りによる基礎態勢を保持しつつ、呼吸を整え気力を充実して動作しなければならぬ」とされています。弓構えという動作は主に「取懸け」「手の内」「物見」の三つの動作からなっています。

取懸け(とりがけ)
弽(「ゆがけ」、「かけ」とも言います)の拇指(おやゆび)の根元にある懸口に弦を直角になるように引っ掛ける動作です。矢を持つ端の指以外で、拇を押さえるような形で添えておきます。

手の内(てのうち)
左手で弓を握る動作です。握り方は非常に多種多様であり、「紅葉重ね」「握卵」「鵜の首」といった様々な握り方が存在します。基本的には握らないよう軽く持つ様な状態にします。なお手の内を作るタイミングは正面打起し(小笠原流など)と斜面打起し(日置流など)で異なり、正面の場合は取懸けを作った時点で、斜面の場合は取懸けを行った後、左斜めに弓を押した後に作ります。

物見(ものみ)
正しくは「物見を定める」といいます。手の内の動作終了後、手首や肘の力を抜いて柔らかに物を抱くような(円相の構え)気持ちで弓矢を持って同時に羽引きを行い(本来故意に行うものではなく自然に出来るもの)、的方向に頭を向けることをいいます。この動作が終わったら物見返しを行うまで的を見続けなければなりません。


4. 打起し(うちおこし)

射法八節の第四節、「弓を引き分ける前に弓矢を持った左右の両拳を上にあげる動作」です。「正面打起し」「斜面打起し」の二通りがあります。「正面」の場合は弓構えの位置から、そのまま静かに両拳を同じ高さに約45度の高さに。「斜面」の場合は(流派によって違いますが)弓構えの位置からそのまま左斜面に約45度の高さで打ち起こします。この45度はおよその目安で、基本的には年が若いほど高く(60度程度)打ち起こすようです。


5. 引分け(ひきわけ)

射法八節の第五節、「打起した弓を左右均等に引分ける動作」です。「両拳に高低なくほぼ水平(または矢先がわずかに低い程度)にし、矢は体と平行に運び、矢先が上がらぬよう的に向かって水平を保ちつつ左右均等に引分ける。」とあります。これも流派によって三種類ほど方法があり、途中で「大三」という動作を挟むことがあります。

大三(だいさん)
正式には「押大目引三分一(おしだいもくひけさんぶのいち)」といいます。斜面打起しは、打起した状態がこれに当たります。会の矢束の三分の一を引き取った状態です。この動作で一呼吸おくか否かが流派で異なります。なお引き分け途中の目通り(およそ目の高さ)で一呼吸おく「三分の二」を取る流派もあります。


6.会(かい)

射法八節の第六節、引分けの完成した形です。大きな動作はなく、あえて言うならば「狙いを定める」程度ですが、実際には「詰合い」「伸合い」といった目に見えない様な細やかな調整が行われています。負荷は行射において最大のため弓に負けないよう体を保たなければなりません。「無限の引分け」と表されます。


7.離れ(はなれ)

射法八節の第七節、発射です。完全なものであれば自然に離れるとされています。ちなみに「会」「離れ」は仏教用語の「会者定離(えしゃじょうり)という言葉から来ています。


8.残心(身)(ざんしん)

射法八節の第八節、離れのあとの姿勢(残身)と精神(残心)について示しています。他の武道にも存在するように動作の総決算を示すものです。見た目には離れの形を2秒ほど保ったものです。残心(身)終了後、「弓倒し」「物見返し」を行います。