※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヌマンシアの進化


今期欧州の舞台で燦然と輝くスペインのチームが一つある。
ヌマンシア。
チャンピオンズリーグでは18得点という圧倒的な攻撃力を武器に、
本命不在といわれたグループDを見事首位で抜けた。
ペレが6得点で得点王争いトップに立つなど、個人の活躍も目立つ。
またリーグ戦でも、ここ数年の安定した力を見せるように、優勝争いに絡んできている。
こちらではイマモビッチが久々の得点王へ向けて、ゴールを量産中だ。
失点も少なく、守備についても大きな破綻を見せておらず、安定しているという表現がもっとも正しいだろう。
イマモビッチ、ペレ、ベルガンプ、リバウド…
前線に構える選手たちはどの選手も若手ながら、すでに完成度が高い。
それを、オニシェンコ、ジャニー北側、サヴィオなどの個性派の中盤が支える。
守備陣はイエロの成長が著しく、ウッドゲイトも健在であるなど、好材料が多い。
しかし、何より、たたえられるべきは、ハム監督の、若手育成と、選手起用での英断だろう。

WSM 20075.24(木) 23:21:58.42