※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

UEFA Champions League Final 総括

世界のサッカーファンが注目したヌマンシア対リヴァプール

ヌマンシアは主力のオニシェンコが怪我からの復帰が間に合わず、
そして怪我から復帰のリバウドもベンチスタートだった。
まずペレが抜け出しカークランドと1対1になるが
ドリブルミスで獲られてしまう。
またリヴァプールも果敢にミドルシュートを放つが
ヌマンシアの守護神トルドが奮起をする。

前半27分ワンツーからイマモビッチにフリーで渡り
これを落ちついてゴール待望の先制点を決めた。
このあともトルド、クロルの獅子奮迅の働きにより
リヴァプールの怒涛の攻撃を寸前のところで防ぐ。

前半も終盤に掛かったころにヌマンシアが良い位置でFKを獲得
キッカーはジャニー北側 。
惜しくもバーを叩き追加点を得ることは出来なかった。

後半、焦りが見えてきたリヴァプール
ファウルが多くなり一発レッドもあり一人少なくなってしまう。

後半30分がすぎたころにヌマンシアはペレをリバウドに変え
更なる追加点を狙ったが奪うことは出来なかったが
リヴァプールの攻撃を防ぎ見事CLの頂に立つことが出来た。

MOM イマモビッチ 筆者MOMトルド

Eすぽナビ  2007.05.27(日) 22:59:11.76 著甲