|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-41C

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-41C

LDEF(Long Duration Exposure Facility:長期暴露試験衛星)の展開、初の軌道上でのソーラーマックス衛星の修理などが主な任務。



打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:1984年4月6日午前8時58分
日本時間:1984年4月6日午後9時58分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

飛行期間

6日23時間40分

使用オービタ

スペースシャトル「チャレンジャー(Challenger)」
チャレンジャーとしては5回目の、シャトルとしては通算11回目の飛行。

帰還日

アメリカ太平洋夏時間:1984年4月13日午前5時38分
日本時間:1984年4月13日午後9時38分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内 NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

LDEF

クルー

コマンダー
ロバート・クリッペン(Robert L. Crippen)
81年STS-1でパイロットとして飛行。
83年STS-7にコマンダーとして搭乗。
パイロット
フランシス・スコビー(Francis R. Scobee)
MS
ジョージ・ネルソン(George D. (nickname Pinky) Nelson)
MS
ジェイムズ・ヴァン・ホフテン(James D. A. (nickname "Ox") van Hoften)
MS
テリー・ハート(Terry J. Hart)