|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(16S)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ宇宙船長期滞在クルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション17S


16Sミッションは長期滞在クルーの交代を行うと共に、新しいソユーズTMA-12宇宙船をISSに届けるミッション。
2007年10月からISSに滞在していた第16次長期滞在クルーのペギー・ウィットソン、ユーリ・マレンチェンコと第17次長期滞在クルーセルゲイ・ヴォルコフ、オレッグ・コノネンコとの交代が行われた。

このミッションにはタクシークルーとして、ロシアとの商業契約により乗る事になったイ・ソヨン氏が初めて韓国人として搭乗した。

帰還時にソユーズTMA-11宇宙船の誘導システムが通常とは異なるモードに切り替わった為に着陸地点が西に約420㎞離れた地点となり、かなりの衝撃があった模様。
ペギー・ウィットソン、ユーリ・マレンチェンコの両宇宙飛行士はそれほどダメージは無かったようだが、イ・ソヨン氏は腰などにダメージがありしばらく入院したとの事。



打ち上げ日

バイコヌール時間:2008年4月8日午後5時16分
モスクワ夏時間:2008年4月8日午後3時16分
アメリカ中部夏時間:2008年4月8日午前6時16分
日本時間:2008年4月8日午後8時16分

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時(ソユーズTMA-12)

モスクワ夏時間:2008年4月10日午後5時00分
米国中部時間:2008年4月10日午前8時00分
日本時間:2008年4月10日午後10時00分

ISSとの分離日時(ソユーズTMA-11)

モスクワ夏時間:2008年4月19日午前9時06分
アメリカ中部夏時間2008年4月19日午前0時06分
日本時間:2008年4月19日午後2時06分

使用ロケット

ソユーズ-FGロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTMA-12(16S)
帰還:ソユーズTMA-11(15S)
(2007年10月12日よりISSにドッキング)

帰還日(ソユーズTMA-11)

バイコヌール時間2008年4月19日午後2時30分頃
モスクワ夏時間:2008年4月19日午後0時30分頃
アメリカ中部夏時間:2008年4月19日午前3時30分
日本時間:2008年4月19日午後5時30分頃

帰還場所

カザフスタン共和国(但し当初予定着陸地点より約420㎞西に着陸)

主な搭載品

アメリカの荷物
ロシアの荷物(消耗品・食料品等
ロシアの実験品目

クルー

第17次長期滞在クルー(打ち上げ)
コマンダー
セルゲイ・ヴォルコフ(Sergei Volkov)
父のアレクサンドル・ヴォルコフも宇宙飛行士で、91年のソ連崩壊時にミールに滞在していたので有名な人。
FE
オレッグ・コノネンコ(Oleg Kononenko)
taxi
イ・ソヨン
元々は別人が搭乗予定だったが、ロシア側にマニュアルなどの無断持ち出しが見つかった為に規約違反で降ろされる事となり、バックアップクルーの彼女が搭乗する事に。

第16次長期滞在クルー(帰還)
コマンダー
ペギー・ウィットソン(Peggy Whitson)
02年に第5次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
今回の滞在で計377日間宇宙に滞在し、アメリカの宇宙滞在日数の最長記録を樹立。
以前はマイケル・フォールの374日間が最長だった。
FE
ユーリ・マレンチェンコ(Yuri Malenchenko)
94年94年7月から11月までミールに滞在、00年STS-106でMSとして搭乗、03年第7次長期滞在クルーとしてISSに滞在。
taxi
イ・ソヨン