|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-105

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-105(7A.1)


国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション。
多目的補給モジュール(MPLM)「レオナルド」には実験装置EXPRESSラックや補給品保管ラック、補給品保管プラットフォームが搭載された。
この内のEXPRESSラック#4及びEXPRESSラック#5が「デスティニー」内に搬入され設置された。
船外機器キャリア(ICC)で初期アンモニア充填装置、実験装置MISSE PECが運ばれた。
また第2次長期滞在クルーと、第3次長期滞在クルーも行われた。

打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:2001年8月10日午後5時10分
日本時間:2001年8月11日午前6時10分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

ISSとの結合日時

米国中部夏時間:2001年8月12日午後1時42分
日本時間:2001年8月13日午前3時42分

ISSとの分離日時

米国中部夏時間:2001年8月20日午前9時52分
日本時間:2001年8月20日午後11時52分

飛行期間

11日21時間13分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては30回目の、シャトルとしては通算106回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:2001年8月22日午後2時23分
日本時間:2001年8月23日午前3時23分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

多目的補給モジュール(MPLM)「レオナルド」
ICC(EAS、MISSEを搭載)
実験ペイロード(HEAT(Simplesat衛星など)、GAS
ISSへの補給品、実験装置

クルー

コマンダー
スコット・ホロウィッツ(Scott Horowitz)
STS-75、STS-82、STS-101ミッションでパイロットとして飛行。
パイロット
フレドリック・スターカウ(Frederick Sturckow)
STS-88ミッションでパイロットとして飛行。
MS1
パトリック・フォレスター(Patrick Forrester)
MS2
ダニエル・バリー(Daniel Barry)
STS-72、STS-96ミッションに搭乗。
以下第3次ISS長期滞在クルー
ISSコマンダー
フランク・カルバートソン(Frank Culbertson, Jr.)
FE
ウラディミール・ジェジューロフ(Vladimir Dezhurov)
FE
ミハイル・チューリン(Mikhail Turin)
以下第2次ISS長期滞在クルー(帰還)
ISSコマンダー
ユーリー・V・ウサチェフ(Yury Vladimirovich Usachev)
FE
ジェームス・S・ヴォス(James S. Voss)
FE
スーザン・J・ヘルムズ(Susan J. Helms)