|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-102

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-102(5A.1)


国際宇宙ステーション(ISS)組立ミッション。
多目的補給モジュール(MPLM) 「レオナルド」による「デスティニー」内に設置する実験装置等、ISS船外に取り付ける機器等の打ち上げ。
このミッションにより、「デスティニー」内に実験装置のラックが搬入され、ISSでの本格的な実験が開始される事となった。
第1次長期滞在クルーと第2次長期滞在クルーの交代が行われた。
Kuバンドアンテナが使える様になりカメラの画像や大量の実験データをリアルタイムで地上に送信することができるようになった。

打ち上げ日

アメリカ東部時間:2001年3月8日午前6時42分
日本時間:2001年3月8日午後8時42分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

ISSとの結合日時

米国中部時間:2001年3月10日午前0時38分
日本時間:2001年3月10日午後3時38分(

ISSとの分離日時

米国中部時間:2001年3月18日午後10時32分
日本時間:2001年3月19日午後1時32分

飛行期間

12日と19時間49分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては29回目の、シャトルとしては通算103回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:2001年3月21日午前2時31分
日本時間:2001年3月21日午後4時31分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

多目的補給モジュール(MPLM) 「レオナルド」
ICC(LCA、RU、ESP、PFCSなどを搭載)
その他の実験装置
ISSへの補給品および実験装置

クルー

コマンダー
ジェームス・ウェザビー(James Wetherbee)
STS-32ミッションでパイロットとして飛行。
STS-52、STS-63、STS-86ミッションにコマンダーとして搭乗。
パイロット
ジェームス・ケリー(James Kelly)
MS1
アンドリュー・トーマス(Andrew Thomas)
STS-77ミッションに搭乗。
その後1998年STS-89ミッションでミールにFEとして滞在、同年STS-91で帰還。
MS2
ポール・リチャーズ(Paul Richards)
以下第2次ISS長期滞在クルー
ISSコマンダー
ユーリー・ウサチェフ(Yury Usachev)
FE
ジェームス・ヴォス(James Voss)
FE
スーザン・ヘルムズ(Susan Helms)
以下第1次ISS長期滞在クルー(帰還)
ISSコマンダー
ウイリアム・シェパード(William Shepherd)
ソユーズコマンダー
ユーリー・ギドゼンコ(Yuri Gidzenko)
FE
セルゲイ・クリカレフ(Selgei Krikalev)