|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-85

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-85

CRISTA-SPAS(大気観測用低温赤外線分光器・望遠鏡実験)、ゴダード宇宙飛行センターの応用技術・科学実験(TAS-01)、国際極遠紫外線観測実験(IEH-2)、日本のマニピュレーター飛行実証試験(MFD)等を行うのが主な任務



打ち上げ日

アメリカ東部夏時間:1997年8月7日午前10時41分
日本時間:1997年8月7日午後11時41分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39A発射台

飛行期間

11日19時間18分

使用オービタ

スペースシャトル「ディスカバリー(Discovery)」
ディスカバリーとしては23回目の、シャトルとしては通算86回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部夏時間:1997年8月19日午前7時7分
日本時間:1997年8月19日午後8時7分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

CRISTA-SPAS
MFD
TAS-01
IEH-2

クルー

コマンダー
カーティス(カート)・ブラウン(Curtis L. Brown, Jr.)
92年のSTS-47、94年のSTS-66、96年のSTS-77で飛行。
STS-47で毛利衛宇宙飛行士と一緒だった。
パイロット
ケント・ロミンガー(Kent Rominger)
STS-73、STS-80でパイロットして飛行。
MS1
ジャン・デイビス(N. Jan Davis)
92年STS-47、94年STS-60に搭乗。今回はペイロード・コマンダーを務める。
STS-47では毛利衛宇宙飛行士と一緒だった。
MS2
ロバート・カービーム(Robert Curbeam)
MS3
スティーブン・ロビンソン(Stephen Robinson)
PS
イヤル・V・トゥリグベイソン
CSA宇宙飛行士。
83年に選ばれた最初のカナダの宇宙飛行士のうちの1人。