|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-80

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-80

ドイツとの共同ミッション。
ドイツの天体観測衛星「ORFEUS-SPAS II」の放出と回収等が主な任務。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:1996年11月19日午後2時55分
日本時間:1996年11月20日午前4時55分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

飛行期間

17日15時間53分

使用オービタ

スペースシャトル「コロンビア(Columbia)」
コロンビアとしては21回目の、シャトルとしては通算80回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:1996年12月7日午前6時49分
日本時間:1996年12月7日午後8時49分

帰還場所

フロリダ州NASAケネディ宇宙センター(KSC)

主な搭載品

ORFEUS-SPAS II

クルー

コマンダー
ケネス・コックレル(Kenneth Cockrell)
1993年STS-56ミッションでMSとして、1995年STS-69ミッションでパイロットとして飛行。
パイロット
ケント・ロミンガー(Kent Rominger)
95年STS-73で飛行。
MS
タマラ(タミー)・ジャーニガン(Tamara E. Jernigan)
91年にSTS-40、92年にSTS-52、95年にSTS-67に搭乗。
MS
トーマス・ジョーンズ(Thomas Jones)
94年STS-59、STS-68に搭乗。
MS
ストーリー・マスグレイブ(F. Story Musgrave)
83年STS-6、85年STS-51F、89年STS-33、91年STS-44、93年STS-61に搭乗。