※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヌマンシア時代



  • オニシェンコ(鬼、鬼チンコ)
ヌマンシアの司令塔。
18歳でヌマンシアに加入後、期待以上の活躍をみせる。
彼が居るのと居ないのではチームの動きが全く違ってしまう。
パスセンスだけでなく高い打点からのヘッドも魅力。
彼のヘッドは「亀頭」と呼ばれる。
スタミナ不足が珠にキズ。

  • イマモビッチ(今も)
オニシェンコと同時期にヌマンシア加入。
こちらも期待以上の活躍を見せる。
すさまじい爆発力を秘めた長身FW。
打点の高いヘッドと正確な足元の技術を持つ。
その得点力もさることながら、味方を生かすプレーも得意とする。
5/20
ヌマンシアの大黒柱
彼のゴールがチームの浮沈を握る 

  • ベルカンプ(アイスマン、大先生、禿)
16歳で獲得。
鬼や今もの影に隠れることが多いが、時折その才能の片鱗を見せる。
毛根が死んでしまうため、ヘッドは嫌い。
5/20
華麗なトラップは必見 まさにその足に宿るのはファンタジー

  • カルロス・ブエーノ(もこみち)
主や実況民からはもこみちと呼ばれているが、速水もこみちにはあまり似ていない。
リバウド狙いの南米担当スカウトのリストによく載せられるが、主に獲得の意志はない。
そんな主の気を引こうと、けなげにも毎回お土産を用意するもこみちだが、
クワガタだったりカブトムシだったりと、どこかずれている。

  • カスパー・シュマイケル(カウパー)
ヌマンシアの若き守護神。
攻撃に重きを置かざるを得ない方針のチームで懸命にゴールを守る。
5/24
攻撃に重きを置かざるを得ない方針のチームで懸命にゴールを守るものの、 
主からの絶対的な信頼を得ることが出来ず、トルドの控えに甘んじている。

  • ペレ(ED)
5/20
昨シーズン加入後あっという間にレギュラーの座を確保 
まだ荒削りながらも才能の片鱗を見せる。
毎年のようにチームメイトにEDの検査を進め、あだ名はED 
口癖は「チン○の異常は、チームの異常」 
ちなみに、唯一検査に引っかかったのはハム監督である。 
サッカーはそこそこうまいんじゃない?

  • リヴァウド
5/20
左足から魅せる高精度のキックは観客を魅了する 
課題は試合によるムラをなくすことか  

  • トルド
5/24
カウパーに変わってヌマンシアのゴールを守ることになった。 
17歳と若いためかまだ不安定なところもあるが、
才能の片鱗を見せ付けている。 

放出組



  • 李天秀(イ・チョンス)
5/20
ヌマンシアの秘密兵器&出落ち担当。
秘密のベールに包まれたままあえなく退団 
ヌマンシアサポーターの間では「とりあえず、チョンス氏ね」が
挨拶代わりになっている 

  • ショーン・ライト=フィリップス
5/20
ドリブルの精度は世界クラス
しかし今季はチームの構想外で放出になりそう 
5/24
ドリブルの精度は世界クラス 
かしパスサッカーに変貌したヌマンシアのサッカーについていけず、 
々に出番を失った末に、ベンフィカへ放出された。 

  • バティストゥータ(バティ)
トップレベルのスキルとユースレベルのスタミナを併せ持つFW。
若手育成(基礎)を施すもそのスタミナは全く伸びなかった。
ジャニー北側の欠場時にはFKも担当する。
5/24
若手育成を施されるなど、主からの期待も大きかったストライカーだが、
31試合4得点という不甲斐ない結果に主が失望。 
そのシーズンのオフにノーリッジに放出された。