|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

STS-37

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



STS-37

コンプトンガンマ線観測衛星(Compton Gamma Ray Observatory:CGRO)の放出が主な任務。
コンプトンガンマ線観測衛星は2000年6月に地球に落下させて消滅するまでガンマ線バースト現象の発見に貢献し、ガンマ線による天文学の発展に役立った。
しかし、放出後ハイゲインアンテナが開かなかった為、予定外の船外活動によりジェリー・ロスとジェイ・アプトの手で開かれる事になった。



打ち上げ日

アメリカ東部時間:1991年4月5日午前9時22分
日本時間:1991年4月5日午後11時22分

打ち上げ場所

フロリダ州ケープカナベラル
NASAケネディ宇宙センター39B発射台

飛行期間

5日23時間32分

使用オービタ

スペースシャトル「アトランティス(Atlantis)」
アトランティスとしては7回目の、シャトルとしては通算39回目の飛行。

帰還日

アメリカ東部時間:1991年4月11日午前8時55分
日本時間:1991年4月11日午後10時55分

帰還場所

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地内 NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)

主な搭載品

CGRO

クルー

コマンダー
スティーブン・ネーゲル(Steven R. Nagel)
85年STS-51GにMSとして搭乗、同年STS-61Aでパイロットとして飛行。
パイロット
ケネス・キャメロン(Kenneth D. Cameron)
MS
ジェリー・ロス(Jerry Ross)
85年STS-61B、 88年STS-27に搭乗。
MS
ジェイ・アプト(Jay Apt)
MS
リンダ・ゴドウィン((Linda Godwin)