|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ソユーズ(7S)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ソユーズ宇宙船長期滞在クルー交代/ソユーズ宇宙船交換ミッション7S


7Sミッションは長期滞在クルーの交代を行うと共に、新しいソユーズTMA-3宇宙船をISSに届けるミッション。
2003年4月からISSに滞在していた第7次長期滞在クルーのユーリ・マレンチェンコ、エドワード・ルーと第8次長期滞在クルーマイケル・フォール、アレクサンダー・カレリとの交代が行われた。

コロンビア号の事故の影響により当初STS-114で打ち上げられる予定であった第7次長期滞在クルーのうち上記の2名が6Sフライトで打ち上げられた。
シャトルが飛行停止中でISS内の消耗品・補給品が充分に補給できないため、滞在クルーは3名から2名に減らされている。

このミッションではESA宇宙飛行士ペドロ・デュークがタクシークルーとして搭乗。


打ち上げ日

バイコヌール夏時間:2003年10月18日午前11時38分
モスクワ夏時間:2003年10月18日午前9時38分
アメリカ中部夏時間:2003年10月18日午前0時38分
日本時間:2003年10月18日午後2時38分

打ち上げ場所

カザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地

ISSとの結合日時(ソユーズTMA-3)

モスクワ夏時間:2003年10月20日午前11時16分
米国中部夏時間:2003年10月20日午前2時16分
日本時間:2003年10月20日午後4時16分

ISSとの分離日時(ソユーズTMA-2)

モスクワ時間:2003年10月28日午前2時17分
アメリカ中部時間:2003年10月27日午後5時17分
日本時間:2003年10月28日午前8時17分

使用ロケット

ソユーズ-FGロケット

宇宙船の名称

打上げ:ソユーズTMA-3(7S)
帰還:ソユーズTMA-2(6S)
(2003年4月28日よりISSにドッキング)

帰還日(ソユーズTMA-2)

モスクワ時間:2003年10月28日午前5時41分
アメリカ中部時間:2003年10月27日午後8時41分
日本時間:10月28日午前11時41分

帰還場所

カザフスタン共和国

主な搭載品

実験ペイロード
食料品
線量計

クルー

第8次長期滞在クルー(打ち上げ)
コマンダー
マイケル・フォール(C. Michael Foale)
92年のSTS-45、93年のSTS-56、95年STS-63に搭乗。
97年STS-84/STS-86で「ミール」に長期滞在。
ミールとプログレス補給船が衝突した事故の時にはミールの損傷を確認する為に船外活動も行った。
FE
アレクサンダー・カレリ(Alexander Kaleri)
92年3月~8月、96年8月~97年3月、00年4月~6月まで「ミール」に滞在。
最後のミール滞在クルーとなった。
02年12月当初第7次長期滞在クルーとして飛行予定だったセルゲイ・モスチェンコと交代してSTS-114に搭乗予定だったが、コロンビア号事故の影響で第8次クルーへと変更になった。
taxi
ペドロ・デューク(Pedro Duque)
ESA宇宙飛行士でスペイン人初の宇宙飛行士。
98年STS-95に搭乗、この時は向井千秋宇宙飛行士と一緒だった。

第7次長期滞在クルー(帰還)
コマンダー
ユーリ・マレンチェンコ(Yuri Malenchenko)
94年7月から11月まで「ミール」に滞在、00年STS-106にMSとして搭乗。
FE
エドワード・ルー(Edward Tsang Lu)
97年のSTS-84、00年STS-106に搭乗。
taxi
ペドロ・デューク(Pedro Duque)