|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第6次長期滞在クルー

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第6次長期滞在クルー



・フライト名
11A(STS-113)

・打ち上げ日
11A(STS-113) 02年11月24日
ケネス・バウアーソックス ドナルド・ペティ ニコライ・ブダーリン

・帰還日
5S(TMA-1) 03年5月4日
ケネス・バウアーソックス ドナルド・ペティ ニコライ・ブダーリン

この前まではISSの長期滞在クルーの交代はスペースシャトルで行われていた。
しかしこの第6次長期滞在クルーがISSに滞在中の03年1月17日にコロンビア号事故が発生し、その後シャトルの飛行が2年半に渡って停止となる。
その為、第6次長期滞在クルーは迎えのシャトル(STS-114で帰還予定だった)が来ない事になってしまい、結局ロシアのソユーズ宇宙船を使っての帰還となった。
民間の宇宙旅行者であるチトー氏を除いて、アメリカ人がソユーズ宇宙船で帰還するのはこれが初めての事であった。

これ以降ISSの長期滞在クルーの交代はソユーズ宇宙船を使って行われる事になり、シャトルはISSの組立を主目的とする事になった。



ISSコマンダー
ケネス・バウアーソックス(Kenneth Bowersox)
92年STS-50、93年STS-61でパイロットとして搭乗。
95年STS-73、97年STS-82ではコマンダーとして搭乗。
FE
ドナルド・ペティ(Donald R. Pettit)
第6次長期滞在クルーのバックアップだったが、ドナルド・トーマスが医学的な理由により飛行出来なくなり、彼が代わりに飛行する事となった。
土曜日の朝のプライベートタイムに行った科学実験「Saturday Morning Science」は有名。
その後、08年STS-126でMSとして搭乗。
FE
ニコライ・ブダーリン(Nikolai Budarin)
95年6月STS-71でミールに行き9月迄滞在、その後98年1月~8月にもミールに滞在経験有り。