|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第5次長期滞在クルー

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


第5次長期滞在クルー



・フライト名
UF2(STS-111)

・打ち上げ日
UF2(STS-111) 02年6月6日
ワレリー・コルズン ペギー・ウィットソン セルゲイ・トレシェフ

・帰還日
11A(STS-113)
ワレリー・コルズン ペギー・ウィットソン セルゲイ・トレシェフ

この第5次長期滞在クルーは第3次長期滞在クルーのバックアップに任命されていた。



ISSコマンダー
ワレリー・コルズン(Valery Korzun)
96年8月~97年3月までミールに滞在。
ミール滞在中はアメリカ・フランス・ドイツとの共同ミッションを経験。
アメリカとのミッションではシャノン・ルシッド、ジョン・ブラハ、ジェリー・リネンガーと一緒だった。
シャトルのコマンダーまで務めたブラハは彼と性格が合わず鬱病になり、リネンガーとの時は自分勝手なリネンガーに彼の方が神経をすり減らしたのは有名な話。
FE
ペギー・ウィットソン(Peggy Whitson)
第3次長期滞在クルーのバックアップに従事。
FE
セルゲイ・トレシェフ(Sergei Treschev)
99年6月~00年7月に欠けてISS向けのソユーズTM宇宙船のバックアップクルーとして従事。